ライブスリーポーカーとは?

ライブスリーポーカーは、本物のディーラーを相手にしてプレイできるカジノゲームです。インターネットがあれば遊べるので、24時間いつでもどこでも気軽にプレイできます。カジノ好きのあなたにはぴったりです!
ポーカーを知っている方であれば名前だけで想像できると思いますが、通常の5枚のカードの代わりに3枚でプレイします。トリプルポーカーと呼ばれる場合もあります。少ない枚数ですが通常のポーカーのように、ストレートなどの役があります。
ライブスリーカードポーカーをプレイ

Lucky Niki

♠ 2017年に設立

iTech Labsでテスト済み

♣ 100% ボーナス

Live casino House Japan

♠ 2017年に設立

すべてのゲーム

♣ $500 ボーナス

♣ トップレート

♠ 多くのゲーム

ライブカジノ

♣ 良いボーナス

♠ トップゲーム

スリーカードポーカーの基本ルール

ディーラーとプレーヤーに3枚ずつカードが配られます。そしてプレーヤーはアンティかペアプラスにベットします。アンティにベットした場合は、配られたハンドを見て、ベットを追加するか、ホールドします。
レイズした場合、ストレートフラッシュ、スリーオブアカインド(スリーペア)、ストレート、フラッシュ、ペアの役によって配当が決まります。これは通常のポーカーとほとんど同じイメージです。同役の場合は一番大きな数字のプレーヤーが勝ちとなります。

スリーカードポーカーの基本戦術

ディーラーの役が完成しない確率は約28%しかありません。なので、最初に配られたカードに胚カードが無い場合はホールド(下りる)した方が賢明です。ペアプラスはよく当たるので狙ってみましょう。
ポーカーの一番の醍醐味といえば心理戦です。スリーカードポーカーについても同じことが言えます。先ほど手札が悪いときはホールドするといいましたが、逆にブラフをすることで、低いカードであるのにベットをして相手を下ろさせるという方法もあります。
ライブスリーカードポーカー

スリーカードポーカーの歴史

スリーカードポーカーの起源については不明です。元になったポーカーは19世紀のアメリカ・ニューオリンズが発祥と言われています。当時のニューオリンズには、ミシシッピ川を通じてたくさんの商人が集まりました。
この商人達が次の船を待つ間の時間を潰すために、ポーカーをしていたと言われています。当初は20枚しかないカードでプレイしましたが、すぐに大人気となり、19世紀の後半には現在と同じ52枚のカードを使用するルールになりました。

日本でスリーカードポーカーをプレイする

日本にはまだカジノが建設されていませんので、スリーカードポーカーをするには海外に行かないと…と思っていませんか?ご安心ください、ライブスリーカードポーカーの出番です。
ライブスリーカードポーカーはオンラインなので、インターネット環境があれば、いつでもどこでも24時間遊ぶことができます。しかもライブなので、ディーラーや他のプレーヤーはすべて実際の人間です。あの興奮を自宅で味わうことができます!

この記事はこれらの国で利用可能です

Casinoble NZ Casinoble IN Casinoble CA Casinoble ES Casinoble DE Casinoble SE Casinoble IT Casinoble UK Casinoble NL Casinoble US