ライブバカラ

バカラで勝つ

「タイ」には賭けない バカラの賭け方は3通り。「バンカー」、「プレイヤー」、そして「タイ」です。その3種類それぞれのハウスエッジ(控除率)は、「バンカー」が1.06%。「プレイヤー」が1.24%。そして「タイ」がなんと約14.4%になります。 バカラは、他のカジノのギャンブルと比較してもハウスエッジが低く、つまりプレイヤーが勝ちやすいゲームです。そのメリットを最大限に活かすためにも、配当が高いため思わず賭けてしまいたくなる「タイ」を避け、「バンカー」や「プレイヤー」に賭けるのです。 「バンカー」にまず賭ける バカラのテーブルについて最初に賭けようとする時、まず「バンカー」に賭けるべきです。「バンカー」の勝率は50%を超えているからです。しかし「バンカー」が勝つと5%のコミッションが取られる事も覚えておきましょう。 最初に「バンカー」に賭けて勝ったのなら、負けるまではずっと「バンカー」に賭けるべきです。これはもちろん勝率が50%を超えているので、理論上は賭け続ければ負けないという事があります。5%のコミッションを入れても還元率は「バンカー」が高いのです。 ミニバカラは危険な香り 伝統的な(つまり高額なカジノルームで行われいた)バカラでは、プレイヤーが実際にカードを配ります。それはつまりゆったりとゲームが進むという事で、1時間に40回程度のペースでゲームが行われる事になります。 ミニバカラでは、ディーラーが全てのディールを行います。そのためゲームの進行が早くなり、1時間で150から200回ものゲームが行われます。それはつまりハウスエッジの総額は大きくなるということなので、同じ1時間でも負ける額が大きくなる可能性があるのです。 その他のアドバイス 他のプレイヤーが「バンカー」に賭けて負けたときには、次にどちらに賭けるかを迷う必要はありません。そう「バンカー」に賭けるのです。「バンカー」が勝つ確率を考えれば、これは最善の一手と言えるでしょう。 適切な休みを取ることを覚えましょう。勝ち運が逃げる、という言葉があるように、それなりの額の勝利を手にした時にはそのツキを大事にしたいのが人情です。しかしあなたが勝者としてバカラを終えたいのなら、そこで休憩を取りましょう。

ライブルーレット

ヨーロピアンルーレットVSアメリカンルーレット

レイアウトの違い ヨーロピアンルーレットとアメリカンルーレットの最も明白な違いは、そのレイアウトにあります。ヨーロピアンルーレットには37のポケット(ボールが入る場所)があるのに対し、アメリカンルーレットはポケットが38あります。 アメリカンルーレットには「0」、「00」という二つのゼロがあるため、数がヨーロピアンルーレットより一つ多くなります。つまりアメリカンルーレットのポケットは全部で38という偶数です。そしてポケットは対角が並びの奇数と偶数、という規則性があります。 ハウスエッジ(控除率)の違い ヨーロピアンルーレットにおけるハウスエッジは2.70%になります。これはホイールに0のポケットが一つあるためです。赤のポケットが18、黒のポケットが18あっても色に賭けた時の勝率は50%にはならないのです。 アメリカンルーレットにおけるハウスエッジは5.26%になります。ヨーロピアンルーレットのほとんど2倍の数字です。これはもちろん0だけではなく、00があるからです。つまりアメリカンルーレットのほうが、カジノ側に少しだけ有利になっているという事です。 ルールの違い ヨーロピアンルーレットには、プレイヤー側に有利な二つのルールがあります。一つ目は「アンプリゾン」ルールです。このルールはイーブンベット時に0が出たら、いったん掛け金は保留され再度スピンが行われ、勝てば全額戻るというルールです。 プレイヤー側に有利なもう一つのルールは、「コールベット」ができる、という事です。これは賭け方の種類の事で、ディーラーにベットを伝えて賭ける方法です。つまり通常の賭け方のようにテーブルにチップを置くのではないのです。 どちらのルーレットの種類があなたに適しているのか? さあご覧になっていただいた二つの種類のルーレットですが、あなたはどちらをプレイしたいと思いましたか?もちろんそれはプレイヤーの好みの部分が大きな割合を占めます。 しかしヨーロピアンルーレットの方が、より稼ぐことができるはずです。低いハウスエッジと、アンプリゾンルールの存在がプレイヤーをより有利にするからです。 とはいえ選択するのはあなたです。違いを理解した上で、より適したルーレットを選択しましょう。

Playtech – ライブカジノ

Playtech社のライブカジノスタジオ 大手ソフトウェア企業のPlaytechは、2017年にラトビア共和国の首都リガに巨大なライブカジノスタジオをオープンしました。リガの旧市街内、16世紀に建設された要塞の最上階に設けられたこのスタジオは、8500平方メートルの広さを誇ります。 中には、何百台もの最新のカメラ機材、カスタムメイドのテーブルが設置されており、ゲームプレイを行うエリア、モニタリングルームなどを備えています。実際のライブカジノの中継だけでなく、Playtech liveのスタッフのトレーニングもここで行われます。 最新の技術を搭載したスタジオ これまでに見たこともないようなゲーム体験を、オンラインカジノのプレイヤーに届けるため、このスタジオでは最新のソフトウェア、ハードウェアを揃えています。また、業界最大のビデオウォールも備えています。 LEDが取り付けられた25メートル幅のこのウォールは部屋の後方の壁全体を覆っており、製品やプロモーションに応じてビジュアルを操作できるようになっています。数秒で空間全体の雰囲気を変えられるので、幅広い要望にも応じることができます。 ヨーロッパ向けのサービスの特徴 ヨーロッパのオンラインカジノを対象として、以下のようなサービスがあります。 ・最新のミッションコントロールセンターで、ゲームプレイの一挙一動を24時間365日モニターできる ・ディーラーのトレーニングルーム ・ディーラーのフィードバックルーム ・研究開発をするための設備 ・大きな収納室、更衣室など ・最新のセキュリティシステム ・クリエイティブな発想を生み出す部屋 このスタジオでは斬新なアイディアや製品を生み出しやすくする環境が整っています。 世界に展開するPlaytechのライブカジノスタジオ このスタジオの多大な需要を受け、Playtechはラトビア以外にもルーマニアに新たなスタジオを開きました。また、フィリピン、スペイン、ブラジルにもスタジオを持っており、新たなカジノ体験を世界に提供し続けています。 オンラインカジノは比較的新しい業界ですが、その中でもライブカジノはテクノロジーの発展とともに日進月歩で新しいものが生まれている分野です。Playtechは、急速に高まるニーズに応え、今後もより新しくより便利なスタジオ運営を展開していくこととなるでしょう。

テキサスホールデムの歴史

テキサスの歴史

テキサスホールデムの発祥 テキサスホールデム初期の歴史には、判然としない部分もありますが、1900年代初期に生まれたのは間違いないようで、テキサス州立法府の公式な記録の中に「1900年代初頭」に最初のゲームがおこなわれたという記録が残っているそうです。 テキサスホールデムという名前の通り、その発祥の地はアメリカ合衆国テキサス州ロブスタウンと言われています。ロブスタウンはアメリカ南部テキサスの中でも南に位置し、人口1万人超の小さな町です。そんな町から世界中で人気を博すゲームが生まれたのです。 ♠ 1998 年創立 ♥ 世界に有名な ♣ $ 1600ボーナス ♦ Jackpot City のレビュー 今すぐ登録 ♠ 2018 年創立 ♥ 新しいカジノ ♣ $ 1000ボーナス ♦ Spin Casino レビュー 今すぐ登録 ♠ 1997年創立 ♥ VIPディーラー ♣ $ 1500ボーナス ♦ 888のレビュー 今すぐ登録 テキサスホールデムを広めた男たち ドイル・ブランソンは、50年以上のキャリアを持つ、プロポーカープレーヤー。2018年にプロの大会からの引退を発表。ポーカーの殿堂入りも果たしている彼は、テキサスホールデムをラスベガスに持ち込んだ一人と言われています。 本名トーマス・オースティン・プレストン・ジュニアというアマリーロ・スミス。アマリーロはスペイン語で「黄色」の意味。アーカンソー生まれで育ちがテキサス。世界で最も有名なポーカープレイヤーとも呼ばれた彼は、2012年に癌でこの世を去っています。 ワールドシリーズオブポーカー ポーカー最強の男を決めるこの大会が始まったのは1970年。創設者はラスベガスのカジノ「ビニオンズ・ホースシュー」のオーナーで、自身もポーカープレイヤーだったベニー・ビニオンとその息子ジャック・ビニオンです。 カジノ界の伝説であるベニー・ビニオンは、テキサス州出身。そのテキサス州で違法ギャンブルを行っていました。しかし1950年代に合法にギャンブルができるラスベガスに拠点を移し、そこでワールドシリーズオブポーカーを開催する事になります。 世界に広がるテキサスホールデム ワールドシリーズオブポーカーという大きな大会の種目として取り上げられた事で、テキサスホールデムはその知名度を広めていきます。1988年には、ドローポーカー以外違法であったカリフォルニア州でも合法になります。 テキサスホールデムの名前が決定的に世界に知れ渡ったのが、2003年のワールドシリーズオブポーカーです。クリス・マネーメーカーというアマチュアプレイヤーが、オンライン予選から勝ち上がり見事大会で優勝を遂げたからです。優勝賞金はなんと250万ドルでした。 日本のテキサスホールデムのカジノ

ブラックジャックのカジノ

ブラックジャックテーブル

ブラックジャックルールの確認 どの種類のブラックジャックで遊ぶかによって、勝率は大きく変わってきます。サレンダーやパーフェクトブラックジャックのような、基本的なブラックジャックに特別ルールを加えたブラックジャックの種類があるからです。 通常特別ルールで行われるブラックジャックは、プレイヤーがより優位になるものが多いため、最低賭け単位が高額に設定されていたり、ブラックジャックで勝利した場合の配当が低く設定されていたりする事があります。プレイする前に必ず確認を行いましょう。 テーブルルールの確認 実際のブラックジャックのルールとは別に、カジノではテーブルごとに別のルールがあります。つまりテーブルごとに賭け金の設定があるという事です。それも上限、下限両方にです。その確認もテーブル選択に重要なチェック事項の一つです。 もし平均的な賭け金額が25$なら、$5から$10あたりのテーブルを選択しましょう。デッキの残りが少なくなった時に、負け分を取り戻せるからです。もし「ダブリングアップ」の戦略で勝負するなら、賭け金の上限と下限の差が大きなテーブルを選択しましょう。 他のプレイヤーをチェックする テーブルに着く前にどんなプレイヤーが座っているのか必ず、しっかりとチェックしましょう。どのようにプレイしているのか、彼らの判断がどのような結果を招いているのか?しばらく観察する必要があります。 酒を飲んでいるプレイヤー、判断の悪いプレイヤー、集中していないプレイヤー、そしてルールを理解していない初心者がいないか注意して見てください。そのようなプレイヤーがいるテーブルは避け、あなたと同レベルのプレイヤーがいるテーブルを探しましょう。 席の選択 多くのブラックジャックプレイヤーは、テーブルの端の席に座りたがります。片方の端の席は他のプレイヤーよりも先にカードが配られますし、もう一方は一番最後に配られる上に、プレイ中により多くのカードを見ることができるからです。 最初や最後の席のプレイヤーは、そのアクションに注目が集まりやすく、特に最後の席はヒーローになったり、逆に罵声を浴びせられる事もあります。そのような責任から逃れたいと間の席を選ぶプレイヤーもいるので、席の選択については個人の好みでいいでしょう。 日本のブラックジャックカジノ ♠ 1998 年創立 ♥ 世界に有名な ♣ $ 1600ボーナス ♦ Jackpot City のレビュー 今すぐ登録 ♠ 2018 年創立 ♥ 新しいカジノ ♣ $ 1000ボーナス ♦ Spin Casino レビュー 今すぐ登録 ♠ 1997年創立 ♥ VIPディーラー ♣ $ 1500ボーナス ♦ 888のレビュー 今すぐ登録

NetEnt ライブカジノ

NETENT ライブカジノ

言葉がでない 臨場感あり過ぎでびっくりした!これがライブカジノか。カジノ法案とか騒いでるけど、いらないんじゃない? まるで海外旅行でカジノに行ったときみたいな雰囲気。昔行ったラスベガス思い出した。これはブラックジャック好きにはたまらん。 映画みたい 普通にカジノの中を歩いている人がいるし、まるで映画の中にいるみたい。バーチャルリアリティーって感じがする。 沢山の綺麗なお姉さんからディーラーを選べる、おっさんもいるけど(笑)英語なんで何言ってるかわからんのが本場感を増すな これは凄い これは本当にリアル!卓に座ってカードゲームやってる気になる。願わくば日本語のディーラーもほしい。 スマホでこんな臨場感あるオンラインカジノができるようになったんだ。ちょっと信じられん。ギャンブラーとしては感無量だわ。 これってCG? じゃないよね、リアルすぎる。だって何か喋ってるし、英語でよくわからんけど((´∀`))ケラケラ オンラインカジノのこと全く知らなかったんだけど、こんなに進化していたのか!ライブでブラックジャックが楽しめるって凄い ♠ 1998 年創立 ♥ 世界に有名な ♣ $ 1600ボーナス ♦ Jackpot City のレビュー 今すぐ登録 ♠ 2017年に設立 ♥ すべてのゲーム ♣ $500 ボーナス 今すぐ登録