テキサスホールデムの歴史

テキサスの歴史

テキサスホールデムの発祥 テキサスホールデム初期の歴史には、判然としない部分もありますが、1900年代初期に生まれたのは間違いないようで、テキサス州立法府の公式な記録の中に「1900年代初頭」に最初のゲームがおこなわれたという記録が残っているそうです。 テキサスホールデムという名前の通り、その発祥の地はアメリカ合衆国テキサス州ロブスタウンと言われています。ロブスタウンはアメリカ南部テキサスの中でも南に位置し、人口1万人超の小さな町です。そんな町から世界中で人気を博すゲームが生まれたのです。 ♠ 1998 年創立 ♥ 世界に有名な ♣ $ 1600ボーナス ♦ Jackpot City のレビュー 今すぐ登録 ♠ 2018 年創立 ♥ 新しいカジノ ♣ $ 1000ボーナス ♦ Spin Casino レビュー 今すぐ登録 ♠ 1997年創立 ♥ VIPディーラー ♣ $ 1500ボーナス ♦ 888のレビュー 今すぐ登録 テキサスホールデムを広めた男たち ドイル・ブランソンは、50年以上のキャリアを持つ、プロポーカープレーヤー。2018年にプロの大会からの引退を発表。ポーカーの殿堂入りも果たしている彼は、テキサスホールデムをラスベガスに持ち込んだ一人と言われています。 本名トーマス・オースティン・プレストン・ジュニアというアマリーロ・スミス。アマリーロはスペイン語で「黄色」の意味。アーカンソー生まれで育ちがテキサス。世界で最も有名なポーカープレイヤーとも呼ばれた彼は、2012年に癌でこの世を去っています。 ワールドシリーズオブポーカー ポーカー最強の男を決めるこの大会が始まったのは1970年。創設者はラスベガスのカジノ「ビニオンズ・ホースシュー」のオーナーで、自身もポーカープレイヤーだったベニー・ビニオンとその息子ジャック・ビニオンです。 カジノ界の伝説であるベニー・ビニオンは、テキサス州出身。そのテキサス州で違法ギャンブルを行っていました。しかし1950年代に合法にギャンブルができるラスベガスに拠点を移し、そこでワールドシリーズオブポーカーを開催する事になります。 世界に広がるテキサスホールデム ワールドシリーズオブポーカーという大きな大会の種目として取り上げられた事で、テキサスホールデムはその知名度を広めていきます。1988年には、ドローポーカー以外違法であったカリフォルニア州でも合法になります。 テキサスホールデムの名前が決定的に世界に知れ渡ったのが、2003年のワールドシリーズオブポーカーです。クリス・マネーメーカーというアマチュアプレイヤーが、オンライン予選から勝ち上がり見事大会で優勝を遂げたからです。優勝賞金はなんと250万ドルでした。 日本のテキサスホールデムのカジノ

ブラックジャックのカジノ

ブラックジャックテーブル

ブラックジャックルールの確認 どの種類のブラックジャックで遊ぶかによって、勝率は大きく変わってきます。サレンダーやパーフェクトブラックジャックのような、基本的なブラックジャックに特別ルールを加えたブラックジャックの種類があるからです。 通常特別ルールで行われるブラックジャックは、プレイヤーがより優位になるものが多いため、最低賭け単位が高額に設定されていたり、ブラックジャックで勝利した場合の配当が低く設定されていたりする事があります。プレイする前に必ず確認を行いましょう。 テーブルルールの確認 実際のブラックジャックのルールとは別に、カジノではテーブルごとに別のルールがあります。つまりテーブルごとに賭け金の設定があるという事です。それも上限、下限両方にです。その確認もテーブル選択に重要なチェック事項の一つです。 もし平均的な賭け金額が25$なら、$5から$10あたりのテーブルを選択しましょう。デッキの残りが少なくなった時に、負け分を取り戻せるからです。もし「ダブリングアップ」の戦略で勝負するなら、賭け金の上限と下限の差が大きなテーブルを選択しましょう。 他のプレイヤーをチェックする テーブルに着く前にどんなプレイヤーが座っているのか必ず、しっかりとチェックしましょう。どのようにプレイしているのか、彼らの判断がどのような結果を招いているのか?しばらく観察する必要があります。 酒を飲んでいるプレイヤー、判断の悪いプレイヤー、集中していないプレイヤー、そしてルールを理解していない初心者がいないか注意して見てください。そのようなプレイヤーがいるテーブルは避け、あなたと同レベルのプレイヤーがいるテーブルを探しましょう。 席の選択 多くのブラックジャックプレイヤーは、テーブルの端の席に座りたがります。片方の端の席は他のプレイヤーよりも先にカードが配られますし、もう一方は一番最後に配られる上に、プレイ中により多くのカードを見ることができるからです。 最初や最後の席のプレイヤーは、そのアクションに注目が集まりやすく、特に最後の席はヒーローになったり、逆に罵声を浴びせられる事もあります。そのような責任から逃れたいと間の席を選ぶプレイヤーもいるので、席の選択については個人の好みでいいでしょう。 日本のブラックジャックカジノ ♠ 1998 年創立 ♥ 世界に有名な ♣ $ 1600ボーナス ♦ Jackpot City のレビュー 今すぐ登録 ♠ 2018 年創立 ♥ 新しいカジノ ♣ $ 1000ボーナス ♦ Spin Casino レビュー 今すぐ登録 ♠ 1997年創立 ♥ VIPディーラー ♣ $ 1500ボーナス ♦ 888のレビュー 今すぐ登録

NetEnt ライブカジノ

NETENT ライブカジノ

言葉がでない 臨場感あり過ぎでびっくりした!これがライブカジノか。カジノ法案とか騒いでるけど、いらないんじゃない? まるで海外旅行でカジノに行ったときみたいな雰囲気。昔行ったラスベガス思い出した。これはブラックジャック好きにはたまらん。 映画みたい 普通にカジノの中を歩いている人がいるし、まるで映画の中にいるみたい。バーチャルリアリティーって感じがする。 沢山の綺麗なお姉さんからディーラーを選べる、おっさんもいるけど(笑)英語なんで何言ってるかわからんのが本場感を増すな これは凄い これは本当にリアル!卓に座ってカードゲームやってる気になる。願わくば日本語のディーラーもほしい。 スマホでこんな臨場感あるオンラインカジノができるようになったんだ。ちょっと信じられん。ギャンブラーとしては感無量だわ。 これってCG? じゃないよね、リアルすぎる。だって何か喋ってるし、英語でよくわからんけど((´∀`))ケラケラ オンラインカジノのこと全く知らなかったんだけど、こんなに進化していたのか!ライブでブラックジャックが楽しめるって凄い ♠ 1998 年創立 ♥ 世界に有名な ♣ $ 1600ボーナス ♦ Jackpot City のレビュー 今すぐ登録 ♠ 2017年に設立 ♥ すべてのゲーム ♣ $500 ボーナス 今すぐ登録