ライブブラックジャックオンラインとは?

海外のカジノに行ってブラックジャックで遊んだことはありますか?ディーラーとの駆け引きがとても興奮しますね。これが日本で、しかも自宅や外出先でも遊べるとしたらどうでしょう!
オンラインと聞くとコンピューターのディーラーとの対戦をイメージしがちだが、「ライブ」では本物のディーラー、そしてあなたのような本物の参加者もプレイ可能だ。時間帯に制約はなく、24時間、いつでもどこでもプレイできるようになっている。
ライブブラックジャックボーナス

Lucky Niki

♠ 2017年に設立

iTech Labsでテスト済み

♣ 100% ボーナス

Live casino House Japan

♠ 2017年に設立

すべてのゲーム

♣ $500 ボーナス

♣ トップレート

♠ 多くのゲーム

ライブカジノ

♣ 良いボーナス

♠ トップゲーム

ブラックジャックの遊び方

ブラックジャックは親(ディーラー)と子(参加者)の対戦になる。2枚の手持ちカードからスタートし、合計の数字が「21」に一番近い人が勝ちとなる。なお、「21」を超えると、バーストとなり、失格となる。

 

ポーカーのように、心理戦の要素を兼ね持つゲームだ。自分を含む参加者の数字が「21」に近い場合には、ディーラーもリスクを冒しながら追加でカードを取らなければならない。親がバーストしてしまった場合には、バーストしていない参加者全員が勝ちとなる。

ブラックジャックの基本ルール

まず用意するのが2枚の手札だ。この時、数字の合計がより「21」になるような組み合わせがベストである。カードがもっと必要であある場合には、指でテーブルをコツコツしながらカードを引くとよいだろう。
最初の2枚が同じ数字(例えば、2枚とも絵札)の場合には、同額のベットを追加し、スプリットと宣言することができる。特に絵札でスプリットした場合、次に「A」を引くことで、ブラックジャックの完成の確率が高くなる。
ライブブラックジャック

ブラックジャックの基本戦術

例えば最初にもらった2枚のカードが「6」と「8」とする。この時、合計は「14」であり、「21」には到底及ばない。カードをもう1枚引きたいところだが、「21」を超えてしまっては元も子もないだろう。
このような場合、他の参加者やディーラーとの心理戦となる。たとえ14でホールドしたとしても、他の参加者の数字が20、18、19などであれば、ディーラーはその3名に負ける可能性があるので、ぎりぎりまでカードを引く可能性があるからです。

日本でブラックジャックをプレイする方法

海外のカジノでは必ずあるブラックジャック。日本ではまだカジノ建設が論議されている最中ということもあり、現時点では原則的に違法扱いとなる。よって、すぐにプレイを始めることは不可能である。
ただし、ライブブラックジャックオンラインは例外だ。日本にいながらにして24時間プレイ可能なのだ。対戦相手は本物のディーラーであり、プレイを満喫すること間違いないだろう。基本的に、外出中でもスマホ上でプレイすることも可能である。

この記事はこれらの国で利用可能です

Casinoble NZ Casinoble IN Casinoble CA Casinoble ES Casinoble DE Casinoble SE Casinoble IT Casinoble UK Casinoble NL Casinoble US